|TOP| |研究所| |修行日記TOP| |作品| |掲示板| |プロフィール| |りんく|


*2005年  5月*

赤→休日 青緑→仕事日


*5月31日*組織図*

午前中は掃除、精錬を行い午後から組織図の講義を受けた。
組織図とは布を織るときの設計図のようなもの。
結構面白い。

いろんな織り方が出来るようで楽しみだ。



*5月30日*中国ラグ*

一日中、ウールを紡ぎ、毛糸玉一つ完成。

昨日の話だが、コーヒーを飲みに研究生達と近所をフラフラしている途中で中国ラグを売る素敵なお店を発見。
中国独特のケバケバしさはなく、中国藍、蘇芳等といった天然染料をつかった落ち着いた色使いで
デザインも洗練されている。

店員さんのお話によると古代中国で使われていたデザインや色を中国と日本共同で再現したものらしい。
手紡ぎのウールを染め、手作業で織っていく・・・。そのことを考えると値段は安く感じるがやはり高い。

いつか買えたらいいなーと思う今日この頃でした。

お店HP→MUNI



*5月29日*風邪*

一昨日ぐらいから風邪の症状が出て今日から本格的に。
なのでのんびりすごす。

コースター(?)の写真をUPしたので見てください。
今日のBSの放送には食事風景でチラリと私が映っていたようです。(見ていないので詳しいことは分かりません・・・。



*5月28日*コースター完成*
5月17日に仕込んだ藍に華が建った。
華と言うのは泡の塊のようなもので消えることなくモリモリしている。「藍が還元され、染められる状態」になった証拠。
これまでもだが、毎日一回攪拌しなくてはならない。藍は生き物だと実感する。
染めるのが楽しみだ。

夕方、コースターや瓶敷きが完成した。コースター計11枚、瓶敷き計3枚。
明日写真を撮って「作品」に載せます。



*5月27日*コースターその2*

昨日に引き続きコースター織り。

午後に来客があり、その一人は卒業生でした。
彼女は自分で布を織り、これまた自分で仕立てたジャケットを羽織っていた。
素敵だ・・・。経糸(たていと)は弁柄という鉱物染料で紅くそめた糸。緯糸(よこいと)は白い麻でシャリ感のある布。

いつか私も自分で織った布を仕立てて服をつくりたいなぁ。




*5月26日*コースター*


実は昨日から機(一般的な機織機)での仕事がはじまった。
初心者なので織り幅が狭く簡単な「コースター」から織り始めたが、手を揃えるのが結構難しい。

隣では先生が シャー、トントン、シャー、トントンと、リズミカルな音が・・・。
一方私は、 ・・・・、ダンダン、(十数秒後)ダンダン ・・・の繰り返し。
その間にも経糸(たていと)を3回切る・・・。

先生のようにいい音が出せるまでどのぐらいかかるのかな。



*5月25日*本染め手織会*

昼、一時半。本染手織会の委員会が研究所の客間で行われた。

委員会に来られた方は、一回生(五十二年前)の方から三十数回生までと6名。
研究所で勉強した時期は異なるが皆さん仲が良い。先生の話だと、そこがこの研究所の良いところだとおっしゃっていた。
卒業してもいろんな機会で知りあい、コミュニケーションを取り合っている。

人数は多くはないけど、人を「御もてなし」するのは、大変だけど勉強になった。

_________________________________________
5月29日16時50分ごろ、BSの「おーい日本」で研究所の紹介があります。時間があれば見てください。
料理がいくつか出るかも・・。大皿にのった魚はトモコ作です。よろしく。



*5月24日*言葉使い*

左手も使えるようになり、糸も柔らかく強く紡げるようになった。上達した気分。

さて、研究所に来た当初から研究所の雰囲気が「美しい生活、物を大切にする心」的なので
自然と言葉使いを考えさせられた。もちろん先生の言葉はきれいだった(仕事の指導中は熱くなり例外もある)。

研究生の中にコテコテの広島人の主婦がいるのだが、これまた研究生のマキちゃんに「「ヤバイ」は使ってはいけません!」と冗談のように言っている(いや、結構本気)。
しかし、注意している本人が糸紡ぎ中、糸が切れるたびに「畜生っ!!」やら「こんにゃろ」などと、ぶつぶつ言っている。
先生もたまに「ヤバイヤバイ・・・」といっている。

・・・・。
心が健康なら、細かいことはいいのかな。と、思う今日この頃。



*5月23日*故障*

昨日の左手が治らず、それでも午後遅くに糸紡ぎをはじめた。
やり難いがなんとかできる。

先生の話だとウールはまだ良くて絹を紡ぐのは相当力がいるようだ。
過去に腱鞘炎で手術をした人もいるとか。
私はこの分だと無理そう・・・。

染織の仕事は瞬間的な力は要らないが「続ける」ことで結構力が要る。
ノッティングの仕事でも終わりの方で左手首を傷めた。

私は人より左手が弱いらしい。

ふぅ。先が思いやられる。



*5月22日*休息*

連日の糸紡ぎの影響で左手親指付け根がやられた。
何かしようとするとすぐ「つる」。
ので、今日は休息日とした。



*5月21日*毛糸玉2*

午後から糸を紡ぎだしたが夕方には毛糸玉がもう一個できた。

夕方から近所にある神社でお祭りがあり、久々に夜店を見ながらふらふらして来た。
神社の境内では「倉敷天領太鼓」という団体が十数人ほどで演奏中。
ライブであんな大きな太鼓を聴いたのは初めて。とてもも感動。
女性も男性に負けないような機敏な動きと力強さで叩いていた。更に感動。

夏にも駅前や研究所近くで演奏するようなので次回はきちんと聴きに行こうっと。



*5月20日*毛糸玉*

ついに毛糸玉完成。写真の左は紡ぐ直前の状態で右は紡いだ後毛糸玉に巻き取ったもの。
今日からは紡ぎ方の手を変えたため、糸を紡ぐ速さが増した。


 
  



*5月19日*暖かい日*

今日は主に糸の精錬(染める前に洗うこと)。気温や日差しが暖かくなってきたので気持ちよく出来きた。
大量にしなくてはいけないので明日も精錬かな。

その後は糸紡ぎ。だんだん太さが揃うようになってきた。



精錬の後、さおに干して乾かす。これから藍に染まっていく予定。



*5月18日*ウール紡ぎ*

やっと西洋の紡毛機で糸紡ぎ。
はじめは頭と手と足がばらばらで糸に撚りがかからず糸にならなかったが、そのうちに紡げるようになった。
でも糸の太さがバラバラ・・・。
とりあえず、楽しく紡げるようになったので「良」とする。

明日は糸の太さが揃うことを目標に・・・。



*5月17日*藍の仕込み*

大きな甕で藍染をするために昨日から灰汁につけておいた「スクモ」を足で練る仕事から始まる。
裸足になり踏んでいくが結構難しい。
その後、調整し甕の中へ・・灰汁や清酒を入れ攪拌し、一晩く。
身体を動かす仕事&いい天気だったので気持ちよく出来ました。

午後からは1kgの羊の毛を渡され明日からの糸紡ぎの練習。明日こそは毛糸を紡ぐ・・・かな?



*5月16日*何もない日*

掃除・食事の買出し、昼寝。それしかしていません。



*5月15日*ウール紡ぎのための・・・*

今日はウールを綿状から糸にするための「足踏みの糸車」を動かす練習をひたすら・・・・。
何も考えなくても足が一定に動くように、読書をしながら行う。
結構大変。明日は糸紡ぎデビューをしたい・・・。それとも・・・。



*5月14日*ノッティング完成*

ノッティングの椅子敷きが2枚できました。見てください。



*5月13日*ノッティング仕上げ*

藍のための灰汁をとりながら、ノッティングの仕上げの作業。
きつく、きつく縛り上げるので手や爪が痛くなってしまいました。

一週間の終わりということもあり、疲れました。
明日も午後から仕事かなぁ。

今日早く寝ます。



*5月12日*ウール選別*

実は一昨日から羊さんの毛を選別、ゴミ取り作業をしていました。
今日はイギリスにいらっしゃる「ジャコブ」という羊さんの毛を選別。ジャコブさんは三毛猫並に毛色がまだらなため、大まかに
4段階に色を選別する必要があるのです。

毛糸になるまでのおおまかな説明
羊さんの毛を刈る→精錬(洗たく)→選別、ゴミ取り→精錬→染→混ぜて色を作る→紡いで糸に。(たぶん・・・)

毛糸にしてからは毛の細さ、やわらかさに応じて、ジャケット、マフラー・セーター、赤ちゃんの服、クッションカバー、カーペットになってゆくのです。
今日選別したジャコブさんはどうなるのか、私にはわかりません・・・。


   
みんなで選別。                           籠の外にあるのが選別前。かごに入っているのは選別したもの。



*5月11日*正藍染*

藍染に適した時期は5月から10月ごろ、それ以降は保温しなけならないので研究所では今月から藍を染める用意をします。

午前中はその準備の説明、徳島の藍師で無形文化財になっている佐藤昭人さんのビデオなど。午後からは藍を染めるための仕事に入りました。
研究所では去年から藍染を始めたため、資料や経験者の手順を参考に所長がかなり勉強されたようです。
今年は2年目と言うことで初めて藍瓶を使うことになります。

藍は収穫された後、寝かされ発酵させ「すくも」という染料の素にする(佐藤さんのようなプロから取り寄せる)。それを一年寝かせたものを使用します。
発酵させたので、藍は生きています。
簡単に説明すると、染の手順は、すくもを灰汁(アルカリ性)、他で還元し、それに糸や布をつけ、外気に触れさせ酸化すると藍色に変化する。・・・らしい。
藍を還元させることを「藍を建てる」と、いう。

今日は灰汁作りから。熱湯を灰に通してアルカリ成分を水分に溶かしだす作業。
灰は20リットルほど。漬物桶に溜めるのだが、いっぱいにするのに12時間もかかる。それも、桶2杯いるから・・・・。ふう。

時間がかかるしごとです。明日は灰汁とマーマレードづくりだ。



*5月10日*蜘蛛*

久しぶりの講義でしたが夕方に大変なことが起こりました。
蜘蛛です。体長5cm、足を入れると8cmほどの蜘蛛が現れたのです。それも片方の3本足がない・・・。

その前兆は昨晩のお風呂場で・・。お風呂の順番が最後だったので、出るときに片付けをし、換気のために窓を開けたら・・・・。
大きな昆虫系の足が三本現れました!!!「虫が潜んでいる!!」と、思ったのですが風を送っても音を出しても反応がありません。
とりえず、その時はほっとくことにしたのですが、今日の夜お風呂場にて彼を発見。
人生初めて「悲鳴」と言うものをあげたかもしれません。

勇敢なあるマキちゃんが彼を外へ払ってくれました。(マキちゃん最高!!)

外へ追い払われた彼。足が三本ないのにこれから生きていけるのか・・・。心配です。



*5月9日*岡山*

数年ぶりに岡山に行きました。岡山のメインストリートはひろいひろい。
路面電車があるからか、いや、関係なく広い。歩道も広い。広すぎて横断歩道が一回で渡れない。
私が遅いのだろうか・・・。

明日からは久々の講義です。
足が痛く・・・ならないことを願います。



*5月8日*さらにノッティング*

午前中は洗たくが終わってからノッティング。さらに午後5時過ぎまでノッティング。
私の休日の過ごし方は元々「物づくり」なので、仕事をしている気分ではなく、楽しんでできました。
(・・・。実は毎日が休日?かも)

明日は岡山の銀行に行かなくてはならない・・・けれど、ノッティングをしたい・・・。



*5月7日*二枚目*

朝から体調が悪く微熱があり午前中は寝ていましたが、午後から気合を入れノッティング二枚目を織り始めました。
一枚目は単純な模様でしたが二枚目はほんの少し難しい模様になったため面白みが出てきました。

手も慣れてきたので目も揃ってきたけど、糸の処理がまだまだ・・・。

もう少ししたら、ウールを自分で紡いで毛糸にし、セーターを編むそうです。たのしみだなー。



*5月6日*落書き*

先生がいらっしゃらないので仕事はお休み。夕方に来ていただきました。明日から仕事にかかります。
なので、今日は「音楽→読書→落書き」を繰り返している日でした。

どうでもよい話ですが
いろいろ落書きを描いて思いました。
私は物を描いて色をつけるよりも、手の動くまま幾何学模様を重ねて描く。
そして色をつけるほうが好きだということがわかりました。
これからはクロッキー帳に訳のわからない落書きが増えることでしょう。



*5月5日*こどもの日*

今日は倉敷駅前唯一のデパートの「三越倉敷店」が閉店しました。
ニュースで倉敷市長がテナントを誘致している最中だと言っていましたが・・・。どうなるんでしょうか。
倉敷市民は買い物に隣の岡山へと行ってしまうようで結構難しいらしい。

大変ですね。



*5月4日*爆睡*

朝から暖かい日でした。
午前は筆ペンがほしく買いに行きましたが、心変わりしてクロッキー帳と練り消しゴム、鉛筆を買ってきました。
午後は体調がよくなかったので、イベント関連の爆音の中、熟睡。
起きたら夜ご飯でした。

一日が終わりました。



*5月3日*春なのに☆マツタケの炊き込みご飯*

少し前に寮生のひろちゃんが「マツタケご飯」作ってくれました。
でも、なんちゃってマツタケ。
超簡単。

某TV番組でやっていたらしいが、ご飯を炊く時に、マツタケのお吸い物の素とエリンギ。しょうゆを少し入れるだけ。
あ〜らふしぎ、マツタケご飯に変身。

マツタケを食べたことがない私には「これがマツタケのかあ〜」と想像する事しか出来ませんでしたが、おいしい&簡単なのでお試しあれ。



*5月2日*川流し*

朝はゆっくりして、午後からノッティング。
やっと一枚完成しました!!!!
でも、続けてもう一枚織るようです。とりあえず明日はお休みして、岡山でふらふらしてくるつもりです。

お昼を過ぎてしばらくすると外から爆音でアカペラの団体の歌声が聞こえてきた。
夜七時頃から「2005ハートランド倉敷」のオープニングセレモニーのリハーサルのようです・・。
ハートランド倉敷・・・なぜそんなイベントをするのかはわからない。

研究所の前を流れる「倉敷川」でそのセレモニーがあるらしいので、寮生のナオちゃんと見物に行った。

ライトアップされ、音響も完備されているので結構見ごたえがあります。
川面にドライアイスが流れているところに、歌っている人が船に乗って流れてきたり、
太鼓の集団が流れてきたり・・・・。

ちなみに明日は花嫁が流れるらしいです。
(花嫁さんはモデルさんで、多数の応募から選ばれた人だそう。日給3万円だと言うウワサ。)



これは太鼓の集団。幻想的で素晴らしかったです!!



*5月1日*雨*

五月に突入。
研究所での生活も慣れてきました。
慣れることはいい事ですが、悪い意味での「慣れ」にならないように気を引き締めないと・・・。

今日は朝から雨。連日の暑さはどこへ消えたのでしょう。冬物はすべてしまってしまった。夏服しかない。さむい。

外へ出かける気分でなかったので、仕事場でノッティングの続きをしました。
4月29日の日記のデザイン画で言うと上の赤の中間まで進んだところです。

明日明後日は先生が知人の個展を見に銀座に行くのでしばしのお休み。マイペースに仕事を進めようかな。



SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー