|TOP| |研究所| |修行日記TOP| |作品| |掲示板| |プロフィール| |りんく|



*2006年  6月*

紺→染織日  緑→パン屋  赤→休日


*30(金)*タイガーバーム*

今日初めて、パン屋の仕事で火傷。
油がはねたり、熱い鉄板を間違えて握っても火傷にならなかったのに…。

と、いうことで仕事帰りに塗り薬をさがしに薬局へ・・。
目的のものはオロナイン。火傷などに良いらしい(?)

でも、、
目に付いたのはタイガーバーム
以前いた研究所の研究生が愛用していたのもあり気になる存在だった。
何よりパッケージが素敵だ。オロナインのパッケージもなかなか良いがそれ以上に良い。
私は中身よりもパッケージで左右されやすい人だ。
でも、効能は『筋肉疲労、筋肉痛、肩のこり、うちみ、ねんざ、…』
使用上の注意に『・・・・や火傷には使用しないでください』とある。

泣く泣くあきらめたが、いつか・・・手に入れたい物の一つになった。



*29日(木)*雑巾*

朝から洗濯機を回し、布団を干し掃除をし、
家中の雑巾掛けをした。

「クイックル○○○○」とか、紙で出来て使い捨ての掃除グッツがある。
使ったことはあるが雑巾に比べてゴミが上手く吸着しなく、すぐに破れてしまう。
力を入れて掃除したい時、頼りがいがあるのはやっぱり雑巾。

掃除した後の部屋の空気はやっぱり違う。
小さい頃、母に
「お部屋は綺麗にしないと神様は来てくれません」
と、注意されていた。

我が家にも神様がいらっしゃることでしょう。



*27日(火)*再会*

今日は普通にパン屋の仕事。

先日の土日は山に行ってきたが、
幼なじみに十数年ぶりに再会することになった。

彼女は小さい頃の面影も少し残っていたが綺麗になっていて驚いた。
しかし、話していくと、そして服装もラフになっていくと、
「ああ、○○ちゃんだ・・・。」
と、いろんなしぐさや行動が変わっていないことに気付く。
外見や内面は大人になっていくが、
しぐさやクセ、姿勢など変わらない面もあるのだなと、なんだか懐かしい気分。
きっと私もそう思われていたかもしれない。



*22日(木)*何も無い日*

朝からパン屋で・・・。帰ってきてからだらだらした日。
何をしていたか覚えていない。
まあ、そんな日もあるさ。

明日の仕事が終わったらお休みをもらい、山に行って来る。
簡単に言うと登山だ。



*19日(月)*お墓参り*

今日は母方の祖母の命日。
北海道から母が来て皆で上野にあるお寺に行きお参り。

母から聞いたが北海道の実家がすごいことになっている。

外壁は数年前から黄色の家だが、最近家の周囲にあるブロック塀を
エメラルドグリーンにしたらしい。
今度は階段部分をウルトラマリンブルーにしたいらしい。
まるでおもちゃの家だ。

周りの家から迷惑がられていないか心配するが、
「目印にされているわよ〜(笑」
と、いう感じに楽しそうに答える。
花を飾ると花が映えるらしい。

ま、楽しそうならいいんじゃないかしら・・・。



*16日(金)*染め*

パン屋の仕事から帰ってから
ヤマモモで重ね染めた糸を媒染。

初回の染めより2回目の染めより今回の染めの方が鮮やかで
綺麗な色だ。

焼きミョウバンが良かったのか、染液の濁りが取れたのか
原因はわからない。とにかく綺麗に染まった。
干すのが楽しみ。

夜に注文した機道具が届く。
これで機に糸がかけられていつでも織れるようになった。

でも、もう一色、欲しいから違う染料で染めようかな。



*15日(木)*ナスカ展*

上野にある国立科学博物館で展示されている「ナスカ展」を見に行った。

前々から図書館でナスカの地上絵を探していたりして興味があり、
その展示がされていることを最近知った。

地上絵の他にも織物や染物、土器やアクセサリーなどの展示は面白かった。
まだまだ謎が多い「ナスカ文化」。
解明が進められているらしいが解明しないで欲しい気もする。
解らなくて自分なりに考える方が面白い。

ナスカ文化で使われていた染料に藍とコチニール(カイガラムシ)があった。
私も扱う染料だ。
何か何処かで繋がっていそうでちょっと感動。

自宅に戻り、染液に浸けてあった糸を媒染。



*14日(水)*曇りというけれど*

今日の天気予報は曇り。
でも朝から洗濯物を干す。
昼頃になると晴れ間も出て夕方にはすっかり乾いた。
隣に糸も干したがナカナカ乾かない。

今日はヤマモモ三度目の染め。
後に染めたほうが透明感のある色になる気がする。
とにかく、1煎目の染液で一回目の染めは色が濁っている気がする。
気のせいかなあ。
偶然かなあ。
明日媒染してヤマモモはとりあえず終了予定。



*11日(日)*教える*

以前から、染めをさせてくれと近所のおばさんに言われていた。
染液が余っているので声をかけると、染めるという。
その人が持っているのは絹のショール。

絹はそれほど染めたことは無いが何度か見たことあるので
前の日にサンプルを染めて今日、教えてみた。
人に教えるというのは何か責任を感じる。
私の教え方のせいで失敗して悲しい思いをさせまいと思う。
その分、成功すると私まで嬉しい。

その後、家に帰って糸染めをする。
今後は自分の染めをしっかり出来るようになってから教えようと思う。



*9日(金)*媒染*

二度目の媒染。
初めて生ミョウバンを使ったのでなんだか不安だけど
何とか染まってよかった。
1煎目の染液より2染目の液の方で染めた糸の方が
澄んだ色になった気がする。

最後に糸を洗う。
織った布が普通に洗濯しても色移りしないように何度もすすぐ。
その後、一晩水につけた。
明日干そう。



*7日(水)*染め2*

染の続き。
媒染と2回目の染め。

媒染剤は今までミョウバンは「焼きミョウバン」を使っていたが
絹やウールにも使えるという理由で私は「生ミョウバン」を使う。

ミョウバンの量がわからず思った色に発色しない。
いいのか分からないがもう一度媒染したり、量をかえてみた。
なんとなく必要量はわかった。

染めでも媒染でも家の中でするので結構めんどくさい。
台所は染液が飛び散るし、お風呂場は全体に黄色くなった。
なかなか落ちない。
ついでに手も黄色くなった。
明日パンをこねても・・・大丈夫でしょう。店長に隠れながら仕事をしよう。

染めの時に使っていた耐熱温度60℃のゴム手が熱湯に手を浸けている時、
ついに溶けて危うくやけどをする所だった。
しかたない。
耐熱手袋を購入することにしよう。



*5日(月)*染め*

昨日作った染液で糸を染めた。

パン屋での仕事の後なので眠気との戦い。
料理用コンロの上での作業なので背伸び。
やけどの危険もあるので寝ぼけてられない・・・。

耐熱用の手袋も無いので耐熱温度60℃のゴム手袋で
びくびくしながらスリルも味わう。(それでも眠気は治まらない)

無事に終わり疲れもピーク。
片づけが終わったらその場(台所の床)で寝てしまう。
何とか意識が戻った。

今日は早く寝ます。明日も4時おきだ!



*4日(日)*煎じる*

糸を染める道具を準備するため、
100円ショップとホームセンターをうろうろしていたが
希望するものが無く帰ってきた。
専用のものは専門店に売っているが高い。
今の私に入手はムリ。
なので、どういう結果になるかわからないが
取り合えず進めることにした。

植物の染めは2,3日かかる。染め重ねようと思えばそれ以上。
今日はヤマモモの染液を2煎とった。
10煎ぐらい取れるらしいがどこまでとるかは
染めてから考えよう。
明日は染に入る。
楽しみだ。



*2日(金)*元気*

私は元気じゃないけど
仕事から帰ってきてプランターを見ると
もうすでに双葉が開きそうなぐらいに成長している
元気な綿がいた。

はやい。

茶綿より白い綿の方が成長が少し早い。
もうすぐ間引きしなくてはならないけど
間引きした芽は土に植えてももう育たないのだろうか・・・。

せっかく成長しているのに、そのまま捨てるのはかわいそうだ。



*1日(木)*晴々*

朝から良い天気。
パン屋はお休みなので朝は普段どおりの洗濯。
その後に冬物の洗濯を一気にこなしました。
セーター、マフラーなど20枚ほど手洗いで!
朝早くに洗濯したものは昼には乾いていた。すごい。
衣替えも無事に終わった。

綿のことが気になり、午前八時ごろ水を撒きに外へ出る。
芽が出てきた!よーく目を凝らさないと判らなかったけど
夕方に見に行くすぐ判るほどに少し成長していた。

本には1〜2週間で発芽と書いてあったけど
丸3日で発芽。今日は気温が高かったから早いのかもしれない。
梅雨が来る前にしっかり根付いて欲しい。




SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー