|TOP| |研究所| |修行日記TOP| |作品| |掲示板| |プロフィール| |りんく|



*2007年  10月*

紺→染織日  緑→会社  赤→休日


*31日(水)*敷物*

染めの洗い仕上げをして干す。
洗濯をする。

使い古したタオルを裂き糸にして
敷物を作ろうと試みる。

出来たものは触り心地も風合いも
気に入った。
タオルの柄が経て模様だったので
杢糸(もくいと)的な雰囲気にもなる。

だけれど

糸くずがおかしい位に散乱する。
タオルの種類や密度によって落ちやすいかどうか違うけれど、
織っているうちに足や機に降り積もる糸くず。
タオルの特性上仕方なく、ある程度覚悟していたけれど
大変だった。

ヤマモモの染液をつくり
今は糸を染めている。

  
タオル裂き糸の敷物。                         ピントが合ってないな。いいや。
                  


*29日(月)*なんにもしない*

特に何もしない。
会社に行ってご飯食べて寝る。
これだけ。



*26日*台風接近*

台風が発生し接近中らしい
心がそわそわする。
ああ、こわい。
何がこわいのかというと、
屋根の上の
アンテナが倒れるかもしれないから。

我家のアンテナは過去に、二回/三年も
台風の暴風により
倒れた経験があり、

もう倒れて欲しくない。

周りの家はなんとも無いのに
我家のアンテナは
すぐ倒れる。
台風が上陸しなくても倒れる。

困ったアンテナくん。

お願いだから今回は持ちこたえてね。



*23日(火)*十三夜*

十五夜に続き今日は十三夜。
栗名月ともいう。

前回のお月見同様
仕事帰りに5穀と清酒を仕入れ、
すすきを忘れていたので
帰り道ですすきを頂く。
帰宅後すぐ
お団子を作る。
そして、お供え。

今日のお月様もきれい。
感謝感謝。。



*18日(木)*くぬぎ*

古いシーツなどを裂いて糸にしておる
裂き織りをしているけど、、
今まで、裂き糸だからって、少し、適当すぎた。
私が持つ裂き糸に対しての気持ちが。

糸は糸で、それに手をかける必要は他の糸と同じであるのだ。
と、気付くと、楽しくなる。
ただの裂き糸が
素敵に見える。

白の裂き糸と色付きの裂き糸、、
クヌギで染めることにした。

クヌギは9月になると
いろんな所に落ちていて
簡単に沢山、お金も掛からずしっかり染められる
とてもいい染料。。

明日媒染してみよう。。

夕方からは大学時代の友達と飲む。
面白い日だった。



*8日(月)*藍甕とのお別れ*

6月に藍を建ててから
4ヶ月と少し。
今日、藍染の甕を空にした。
最近は液温20度を切っていたし、、
色も薄くしか染まらなくなっていた。

建て初めの頃の気温が暖かい時期に
藍の調子を上げることが出来なかったので
濃い色になかなか染められなかった。。
毎日の藍染から開放され
ホッとしたけど、反省することは沢山ある。

でも、
今年より、来年。
来年こそ失敗しない気がしてきた。

-----------

4年前、富士山を登った時に五合目で見た雲海を
もう一度見たくて
昨日、彼に車で富士山五合目まで連れて行ったもらった。

飛行機で見る雲海も好きだけど
壁越しに見るのでなく
そのまま見たかった。。

下界からは富士山の頂上は見えなかったけれど
五合目まで上ると
からっと晴れていて
富士山の頂上には笠雲(帽子みたい)が動かず停滞。
目の前には雲海。
観光客が多くて、びっくりしたけど、、

まんぞく。まんぞく。

今度は、登山で雲海を見てみたい。。


    
       笠雲をかぶった富士山                             広がる雲海



*3日(水)*季節もの*

北海道の実家から荷物が届く。
毎年送ってくれている
母の手作りのイクラ。
イクラが苦手な人もおいしいといって
もりもり食べられる程おいしいのだ。

冷凍にして送ってくれ、お正月まで持つと言うが
それまでに食べてしまいそう。
お正月は実家で食べることにしよう。

荷物の中には
実家の庭で父が育て作ったラズベリージャム。
オリジナルのラベルまで貼ってあった・・・。
相変わらず凝り性だ。
ブラックベリージャムの母作もあり。
その他、ホタテの干し貝柱。
早速炊き込みご飯をつくる。

おいしい。
イクラを食べるのは週末の楽しみにしよう。。



SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー