|TOP| |研究所| |修行日記TOP| |作品| |掲示板| |プロフィール| |りんく|



2月

紺→染織日  緑→平日 赤→休日


*25日(木)*ここ最近*

かなり日記を書かなかった。
まとめて記録しよう。

●13日から15日まで
吉野と伊勢にお参りの旅に出かける。
添乗員の仕事で国内から海外まで行っている友人と行くことになり
今回もかなりお任せにしてしまった。
おかげで快適な旅でした。ありがとう。

吉野へは新幹線を使い、京都経由で行った。
京都は素通りという、もったいない感たっぷりで吉野へ向かう電車に乗り継ぐ。

千本桜で有名な吉野。今は閑散期、、観光客はほぼいない。すこし贅沢な気分。
「吉野山」というだけあり、かなりの山道。険しい山道も登り色々な神社にお参りしてきた。
山頂には熊野へと向かう世界遺産に認定された修験道がある。
踏み出す勇気はもちろん、ない。

お参りしていたお寺や神社の中の一つに「金峯山寺」があり「脳天大神」というところがあった。
パッとしない私たちなので、いろいろお願いに行った。
吉野は修験場がいくつかあり、そこは女性のための行場があった。
修験者は遠い存在だと思っていたが、私もついつい、修行をしたくなった。
少し離れたお店には修験者の身支度が整うお店もあるし、いつでもできるようだ。
その店には、大きな「ほら貝の笛」があったけれど、、あれはいつ使う?

二日目は伊勢に行き、内宮と外宮にお参り。
月読宮にも行きたかったが、雨がひどく、体調も悪いため、
伊勢うどんをたべて、猿田彦神社にある芸能の神様を祭っている「さるめ神社」に行き
末の妹が音楽関係の勉強をしているのでお守りを入手。そして帰る。

来年は熊の神社や熊の古道に行ってから伊勢神宮にいきたいな〜。。

●21日は
弟の結婚の祝いと妹がJICAの協力隊として今年の3月から2年間
南米の僻地へ派遣されるので壮行会のため
葛飾にある別の妹の家に集まった。

大人になると兄弟みんなで集まることはほとんど無い。
特に5人兄弟となると、本当にそろわない。
誰かの結婚式ぐらいかな。ピシッと集まるのは。
あ、今度の弟の結婚式の時、妹は海外だ、、、。あつまれないな。

●今日
最近、受注しているPCの仕事が詰まってきているので、残業しようと
さっきまで、昭和29年の画質が荒くボヤボヤしている航空写真を
見えないところも心の目で読み取って、かなり神経を使うことをしていたが、、、
PCの調子が悪く、一時間ほどかかった作業が消えた。。。
起動していたソフトが一瞬で画面から消えた。
保存はもちろん、していない。

もう、何もみえません。



*12日(金)*お参り*

昨日、残っていた磨きが終わり綜絖を新しいのと入れ替えた。
私の機は倉敷の研究所の卒業生から譲り受けた機で
たぶん、四、五十年経っていると思う。
それがすっかり違った表情になった。
手入れをすると若返る。
これから、綜絖通しが楽になるな。よかった。

--------------------------------------------
明日からお参りの旅へ行ってくる。
月曜日まで。

会社から受注していた仕事は、急がない仕事だから
月曜日は仕事をお休みしようと思っていたけれど
休日の昨日、急に、急ぎの仕事が入る。
月曜までといわれたけれど、土日込みの仕事量を言われた。
でも、出来ない旨を伝え、申し訳ないので今日は夜遅くまで
出来るところまでしよう。
そして、明日は出かけよう。

雨が降りませんように。雪も降りませんように。
新幹線が止まりませんように。




*9日(火)*肩がぽきぽき*

昨日から肩の調子が悪い
少し良くなったけれど、
だるく重く感じ、動かすと、ポキポキいう。
関節がずれるような音。痛い。

原因はたぶん、磨きすぎ。

日曜日に気合を入れて機の綜絖(そうこう)枠をはずし、古い綜絖を新しいのにしようとした。
綜絖は金属の平べったい棒で支えられていてその棒に薄く錆が付いていた。
なので、錆を「ピカール」(研磨用の液体の商品名)で磨いた。
全部で八本。

磨いている途中で腕が辛くなってきたので、体勢を変えた。
脇を閉めて腕を固定し、磨くと楽に力が入ることがわかった。
これが肩に負担をかけたらしい。
その調子で磨き続け、5本目で磨き飽きた。と、いうか、疲れたので明日にしようと思った。
翌日、、旦那さんを見送った後、、腕の調子が悪いことに気づく。

ただの肩こりかと思ったけれど、しぶとい痛み。
治ってくれないと作業が進まない。

私の部屋はピカールの溶解剤とコーヒーのにおいが混ざって
なんともいえない感じ。
油絵の具と似た匂いで結構気に入った。
おちつくかも。

どうやったら、肩は鍛えられるのかな。




*5日*寒いけど暖かい*

今日は寒いのに暖かい。

で、仕事待ちの状態。

なので日記でも更新してみる。

かなり前に戻るがお正月休み出来事。
本格的に在宅の仕事が始まるため
環境を整えようと思い、机を探すがいいものが見つからず
いつものように作ってしまうことになった。

ホームセンターに行って下調べの後設計。
年末に買いに行きカットを頼む。
そのまま年越しし、
ヤスリがけと塗装、組み立てて
できた。作業は95%旦那さん。。



少々散らかっているけれど、右から
ロックミシン、家庭用ミシン、パソコン
手前にある椅子は数年前、、大学の授業でデザインし、作った椅子。

かなり、良い机になった。感謝感謝。






*3日*春の予感*

今日は晴れて、
窓を開けると、昨日の雪が暖かい日差しで解ける音がした。

「ああ、春だな〜。」
と、ついつい思ってしまう。

季節ボケだ。

私が生まれ育った北海道は3月中旬から下旬頃に雪解けが始まり
道路がすごいことになる。
道路の雪は溶け、車のタイヤによりミックスされフワフワのシャーベット状態。
どこを踏んでも残念な感じになる。
シャーベットの深さは平均20cmぐらい。

だから、雪が解ける音がすると春だと勘違いする。

約15年前、東京に引っ越してきたのは1月。
雪が無いので、秋だとよく勘違いした。





*2日*2月*

「あっ」とも、言わない間に2月。
はやいな〜。

日々エクセルのお仕事に追われているかんじだ。
合間に買い物や家事やらをこなす。

気分転換にロックミシンに挑戦してみたりした。(仕事中ではない、夜ね)
ロックミシンに付属のビニール素材のカバーが
母から譲り受けた時点でぼろぼろ。ガムテで補修はしてあるけれど
なんとも、ひどい。

と、いうわけで、ロックミシンデビューをロックミシンカバー製作に決めた。

ぼろぼろ既存のカバーから型をとり、家にあったあまり布を利用した。

ロックミシン、たのしーーー。
けど、私の腕がわるいのか、、思い通りの軌跡を描かない・・・。
ま、いいさ。慣れればいいのさ。

さて、完成間近。後は裾の始末だけ。
一応、ミシンにかぶせてみる。。

・・・。だめだ。
糸をセットした状態で布製のカバーを外すとき、、
糸がびよびよびよーーーっとカバーについてくる!!
絡まる!

あーーあ。

布製のカバーは必要ないことがわかった。

大きめの布をミシンに掛けるだけで十分だった。

ふう。






















SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー