|TOP| |研究所| |修行日記TOP| |作品| |掲示板| |プロフィール| |りんく|



3月

紺→染織日  緑→平日 赤→休日


*27日(土)*つまらない*

最近、仕事の日記ばかり。つまらない。
早く織りたい。
でも、
「織りたい!」というテンションがいつも高いわけではない。
織りたくないと思う日もある。
織りたいという心持ちを維持するにはどうしたらいいのだろう。

もっと、染織を考える時間を増やしてみよう。




*26日(金)*なんとかなるもんだ*

23日、次の仕事が舞い込んでくる。
「ふっふーーん♪」と、楽しく作業をを進める。

翌日の24日朝に、、
「その作業、今日中にお願いします」と言われ、焦る。
何故に、昨日言ってくれなかったのだ!!
聞かなかった私も悪いけれど…。

私:「ちょっと、むりですね」
社員1:「最短でいつまでに出来ますか?遅くても金曜(26日)の午後には欲しいです」
私:「金曜の午前中には出来ると思います」

その後、改めて、作業時間を計算してみた。
かるく24時間はかかる!!
早くても26日の夕方には出来上がる計算になったので
その旨を伝えた。。

25日、午前中に、、
違う社員さん(社員2)から
「悪いんだけど、明日が納期の仕事だから、今日までにお願い」
これは、以前やった仕事の続き。
これを受けるとかなり厳しくなるので、
社員1と相談してくださいと返事をする。
が、連絡が付かないらしい。それも急ぎなので、、
今までの仕事を中断して社員2の仕事を終わらせた。
ここで、徹夜決定。

旦那さんが帰宅。
かなり厳しい状態なのでご飯は作れないのでお願いした。
仕事は、あるソフトを使っての作業だった。
時間が無く焦っている私を見た旦那さんは
そのソフトを見て色々書き換えてくれて(私はよく分らない)
その結果!!
約1時間かかっていた作業が、、5分で終わった!!!
ひどい!
嬉しいよりも悔しさのほうが勝ったのはなぜだろう。
今までの時間はなんだったんだろう。

と、いうことで、その日の仕事は切り上げ、
ゆっくりお風呂に入り、睡眠もとれた。

今日の午前中には余裕で終わる。

何とかなるもんだと、おもった。






*23日(火)*おわった・・・?*

いや、おわらなかった。
19日に受注した仕事は、、蓋を開けば、、というかんじで
かなり、私の許容量を超えていた。
旦那さんに、難しく構成されているエクセルの計算式の解読を頼む。
その後、レクチャーを受け、作業を進める感じ。

とにかく、、その他にもいろいろ、大変だったけれど、
タイムアップで、終わった。
ねむたい。
でも、ねむれない。

旦那さんは、お気に入りのPC用キーボードを2つ持っている。
高めなのは、会社。少し安くても(それでも良いお値段)、使いやすいのは家。

今回の仕事で、家で使っているキーボードを貸してくれた。

かるううううううぅぅぅぅい。。

キーを押すと反発する力がちょうどいい。
いいなー。
ひとつくれかな。(ことわられたけれど。。)

いや、まずは私の動きが悪くて、使えないマウスをどうにかしなくては!




*19日(金)*読み違い*

最近、仕事の受注元(以前働いていた会社)が年度末ということで
かなり盛り上がっている。
受注先の私も、その雰囲気に乗っている。
会社から今週末の連休も対応可能か聞かれる。

かわいそうに、、と思い(上から目線??ではない)
優しい気持ちでOKを出す。

で、来た仕事が、予測していた仕事量の250%ぐらいだった…。
というか、、出来るのか?わたし。
後悔。

今日は旦那さんが会社の人の歓送会で
帰りが遅くなる予定だから、優雅に過ごそうと思っていたのに、、、
PCと格闘することになった(泣!!)

仕事を受け取ってから、、いままで、現実逃避してみたが、逃げられない。
これから、、やろう。

頭をフルに回転させないと完成しない気がする。。。

あーーあ。




*15日(月)*藍のにおい*

今日、旦那さんはいつもより一時間遅い出社だから、、朝はのんびり出来る…。
なんて、思ってしまったけれど、、
私が忙しいんだった。。

受注の仕事が詰まってますわぁ。

今日中に仕上げる仕事があって、夕方やっと終わり、
インターネットのデータ便でデータを送るために、
アップロードしなくちゃならなくて、、
100MB超えるとかなり時間がかかる。

その時間を利用して
今度織りたいテーブルランナーの縦糸の糸巻きをしてみた。
本藍染の藍の香りはいい。
深くて眠くなる。
またいつか、藍を建てたいな。。





*5日(金)*人のため*

いよいよ
仕事のほうが忙しくなってきた。
三月納期のものが多く、
今が繁忙期。

そんな中、現実逃避に日記でも書いてみる。

--------------------------------------------

今月の1日に妹が中米の最貧国に行った。
青年海外協力隊として現地の盲目の人に
按摩マッサージを指導し、生きるための仕事を教えるためだ。
昨日、妹からEmeilが届いたが、首都はかなり危険らしく、歩けないらしい。
本当は去年の12月に行く予定だったけれど、政情不安と治安が悪くなったため
出発は3回ぐらい延期した。

すごいな〜と、心から思う。行動力はもちろん、人のために生きる人は尊敬する。
もう一人の妹も元看護婦でこれも尊敬。かなりハードだし、責任のある仕事。
厄介な患者もエロじじい(失礼)にも笑顔でかわす術を身に付けたらしい。

私は、、わがままなので人のための仕事をしたくなかった。
自分のやりたい事をやってきた。
反省。

私には何が出来るのかな。

















SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー